法律上の定義



療養泉の定義

1. 温度(温泉源から採取された時の温度とする。)・・・摂氏25度以上

2. 物質(下表に揚げるもののうち、いずれか1つ)
 
物質名含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。)総量 1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)1000mg以上
銅イオン(Cu2+)1mg以上
総鉄イオン(Fe2+,Fe3+)20mg以上
アルミニウムイオン(Al3+100mg以上
水素イオン(H+)1mg以上
総硫黄(S)
(HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの)
2mg以上
ラドン(Rn)30×10-10キュリー単位)以上



大涌谷温泉は、泉温 64.7℃、溶存物質 1,013mg、水素イオン 1.27mg含んでおりますので、療養泉としても認められております。