法律上の定義


温泉法 (昭和23年7月10日 法律第125号)

第一章 総則

第一条 (この法律の目的)
この法律は、温泉を保護しその利用の適正を図り、公共の福祉の増進に寄与することをもって目的とする。

第二条 (定義)

この法律で温泉とは、地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で別表に揚げる温度又は物質を有するものをいう。




別表

1. 温度(温泉源から採取採取された時の温度とする。)・・・採氏25度以上

2. 物質(下表に揚げるもののうち、いずれか1つ)

           
物質名含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。)総量 1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)250mg以上
リチウムイオン(Li+)1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr++)10mg以上
バリウムイオン(Ba++)5mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++)10mg以上
第一マンガンイオン(Mn++10mg以上
水素イオン(H+)1mg以上
臭素イオン(Br+5mg以上
沃素イオン(I+1mg以上
フッ素イオン(F+2mg以上
ヒドロひ酸イオン(HASO4++1.3mg以上
メタ亜ひ酸(HAsO21mg以上
総硫黄(S)
(HS-+S2O3+++H2Sに対応するもの)
1mg以上
メタホウ酸(HBO250mg以上
メタケイ酸(H2SiO 350mg以上
重炭酸そうだ(NaHCO3)340mg以上
ラドン(Rn)20(100億分の1キュリー単位)以上
ラヂウム塩(Raとして)1億分の1mg以上
 
back